覆工画像撮影

点検において、現況と成果品との誤差が大きく出るのはスケッチです。弊社では画像撮影を行い展開画像に処理することでスケッチの代替とし、より正確な変状の位置や状況把握を行います。さらに、写真の撮り忘れ防止や変状の見落とし防止に加え、変状の経年変化など維持管理上有益となりうる資料となります。現地作業日数や人員を減少させることで現場作業や交通規制時のコスト削減やリスク低減をし、位置精度の高い高品質で付加価値の高い点検成果をご提供します。

覆工画像撮影には、交通規制を伴わない走行車両型撮影システムと規制内で手動撮影を実施し、合成する手動型撮影システムの2パターンでのご提供が可能です。どちらもメリットとデメリットがあり、トンネル延長や規制等諸条件によってその都度適用をご提案させていただきます。

【走行車両型撮影システム】(画像サンプルはこちら)
【手動型撮影システム】(画像サンプルはこちら)