走行車両型撮影システム

走行車両型撮影システムは、文字通り車両に搭載されたカメラで覆工画像撮影を実施します。弊社は計測検査株式会社のMIMM※1を使用し画像やレーザーデータをご提供しています。

※1:http://www.keisokukensa.co.jp/mimm/

走行車両型撮影には交通規制は必要ありません。そのため、規制を伴う点検作業が短期間で終わることとなり、コスト削減に繋がります。特に、トンネル延長の長い現場において、活用が適しています。また、弊社が利用するMIMMは覆工画像に加え、レーザーデータもご提供が可能です。外力の作用によるひび割れのずれなど、通常見られない数値を可視化することで、より維持管理に有益なデータをご提供します。